MENU

【保存版】ミノキシジルタブレットの飲み方を説明します

 

ミノキシジルタブレットは
正しい飲み方を守らないと副作用が発生してしまいます。

 

今回はミノキシジルタブレットの飲み方について紹介します。

 

 

正しく飲むための量とタイミング

 

ミノキシジルタブレットを服用する際は、
なるべく薬が作用する時間を長くする事が大切です。

 

その為、基本的には朝と夜に服用すると良いのです。

 

服用する量としては、副作用の関係位から多すぎては危険なので、
各5rずつ服用するのが良いでしょう。

 

ミノキシジルタブレットは長期に渡って服用するのは危険なので、
効果が表れたら量を少しずつ減らして服用をしなくする事をお勧めします。

 

危険ではないでしょと思うかもしれませんが、
ミノキシジルタブレットには血管の拡張効果があるため、
長期に渡って血管を拡張し続けると血管にはかなりの負担が掛かってしまうのです。

 

更に、ミノキシジルタブレットはたくさん飲んだからと言って効果が向上するような薬ではありません、
というのも血管を拡張させられる幅には限界があるからです。

 

この為、しっかりと量を守って飲む事が大切なのです。

 

 

アルコールを避け服用は水で

 

ミノキシジルタブレットを服用する際に気を付けなければならないのが、アルコールです。

 

前述したとおり一日中効果が持続した状態をキープする必要のあるミノキシジルタブレットですが、
大人ですから付き合いがありますよね。

 

ですが、アルコールを飲んでしまうと非常に危険です。

 

というのも、アルコールには血管の拡張作用があるため、血圧を下げてしまう作用があります。

 

そこに、ミノキシジルタブレットの作用が重なる事で、
血圧を必要以上に下げてしまうという事が起こり得るのです。

 

更には、アルコールを摂取すると、髪の毛の天敵である男性ホルモンが増加する傾向にあります。

 

男性ホルモンはAGAの主原因なため、
折角ミノキシジルタブレットを飲んでいても
髪の毛の育成を阻害する男性ホルモンが増えてしまっては効果が表れなくなってしまうのです。

 

ミノキシジルタブレットは水やお湯で飲むことが望ましいとされています。

 

お酒に限らず、お茶やジュースに含まれている不要な成分によって
薬が体に吸収されにくくなってしまいますので、
必ず水やお湯で飲みましょう。